• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
トップページOB・OGメッセージ2016>理工学部 山田 有里菜さん
OBOGメッセージ
理工学部
本田技研工業株式会社 山田 有里菜
就職活動の準備はいつ頃からどのような形で始められましたか?

 大学3年生の夏休みに就職活動の準備としてインターシップに行きました。このことをきっかけに、業界研究や自分のやりたいことを見極めていました。就職活動が解禁になるまでの間は、色々な業界の先輩に就職活動のお話やアドバイスを聞いていました。また、SPIなどの筆記試験に不安があったので、約2ヶ月間短期間集中的に勉強をしました。

自己分析と自己PRはどのようにされましたか?
ph1

 自己分析をした際に、短所はたくさんでてきましたが長所が中々見つからず、友人や家族に相談し長所を探しました。自分が短所と思っていたことも、考え方次第では長所になることがあると知りました。
 自己PRは、留学やアルバイトを通して何を感じ、何を学び、何が成長し、今後どうしたいかをまとめました。同じ経験をしている人でも学んだことは、人それぞれだと思うので自分の言葉で表現することが大切だと思いました。

エントリーシートを書く際に自分なりに工夫したことを教えてください

 エントリーシートを書くときは、読み手がいることを意識していました。エントリーシートを読むだけで簡潔に自分自身が表現でき、なおかつ全てを書くのではなく少し疑問を抱くように書きました。手書きのエントリーシートの会社が多く、大変でめんどうくさく感じましたが、手書きのエントリーシートが自分の文字で自分を表現できるので字を綺麗に書くことや自分なりの書き方を考えました。

面接試験はどのような対策をしましたか?

 面接試験に対して面接練習ということは特にはしませんでした。本番の面接時に、面接だからといって緊張せずに、面接官との対話を心がけることで自分の思いが伝えられたと思います。一番気をつけていたことは、正しい言葉遣い、敬語、姿勢です。この三つで相手に与える印象が変わってくると思い日頃の会話や生活で意識していました。

就職活動で印象深かった出来事を教えてください。

 私たちの年から就職活動の時期が三ヶ月ずれたため、今までのデータが参考にならないことや例年にないようなことが多々あり困惑しました。開始の時期が違うだけで、学生も企業も戸惑いを感じました。また、説明会や集団面接で出会う他大学の学生と情報を交換したりすることで、自分の周り以外を知ることができとても刺激になり更にがんばろうと思うことができました。

最後に、これから就職活動に臨む後輩にアドバイスをお願いします。

 就職はこれからの人生の大きな分岐点だと思います。みなさんが今もっている夢をあきらめないでください。あきらめなければ、夢は叶うと思います。そのためにはたくさんの挫折や努力が必要となると思いますが、後悔しないようにたくさん悩んで自分の道を決めてほしいです。就職活動は大変なことが多くきついと感じると思いますが、私は就職活動を終えて成長できたと思います。みなさんも最後までがんばってください。 ph2

他の卒業生を見る
bunka01_s bunka02_s keizai01_s keizai02_s rikou01_s
rikou02_s nou01_s nou02_s igaku01_s igaku02_s
2016年卒業生一覧に戻る
佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス