• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
OBOGメッセージ

文化教育学部

佐賀県小学校教員

「何をしに大学に来たか」ということを忘れないで、 常に目標を持ち、自分自身を高めて欲しい。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
今、皆さんはこれから始まる大学生活にドキドキ、ワクワクしているのではないでしょうか。入学したばかりの皆さんに「就職」と言っても、ちょっと遠い話なのかもしれません。私もそうでした。しかし、4年間はあっという間です。そこで、私から皆さんに4年後の就職に向けてアドバイスをしたいと思います。
私からのアドバイスは「何をしに大学に来たか」ということを忘れないで下さいということです。きっと全員が目標を持って大学に入学していると思います。その目標を大切にして大学生活を過ごしてください。私は教師になるという目標を持って文化教育学部に入学しました。教育実習やボランティア等、実際に児童や生徒と触れ合う中で、更に教師への思いが強くなりました。就職する時に必ず、「大学時代頑張ったことは何ですか?」と聞かれます。その時に胸を張って言えるように、常に目標を持ち、自分自身を高めて欲しいと思います。これから始まる大学生活が皆さんの財産になることを心から祈っています。頑張ってください。

学校教育課程卒 林志様

学校教育課程卒
林 志

アサヒ飲料株式会社

一期一会。出会いを決して無駄にしないで、楽しく就活してください。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!長かった受験勉強からやっと開放され、期待に胸を膨らませて入学されていることでしょう。
大学は部活やサークル、アルバイトなど色んなことが経験できるところです。そのなかでたくさんの人と出会い、たくさんのことを吸収できます。大学生活はあっという間ですが、同じ4年間でも”自分らしい”4年間にしてほしいと思います。
また、大学生活を充実したものにする活動の一つに就職活動があります。受験が終わったばかりで今はまだ想像もできないかもしれませんが、就活は自分の人生を大きく左右する活動です。基本的に企業へのエントリーやスケジューリングなど、内々定までの道のりすべてが自己責任です。就活はそれまでに培ってきたものを十分に発揮する場で、一種の発表会だと言ってもよいでしょう。私は男子バレー部でマネージャーをしていたので、それを一番のアピールポイントに使いました。皆さんもこれからの大学生活で誰にも負けないことを見つけてください。それが就活をするうえで大きな武器になることは間違いありません。また、就活は予想以上にたくさんの人に出会えます。一期一会という言葉がありますが、その出会いを決して無駄にしないでください。就活は度々悩んだり落ち込んだりするのがつき物です。周りを見れば同じ悩みをもった仲間はたくさんいますよ。抱え込まず、楽しく就活してください。そうすればきっとあなたの描く理想の就活が見えてきます!自分を信じて最後まで突っ走ってみてください。
さて、これから始まる皆さんの大学生活は自由であるが故に、行動力と積極性が求められます。要するに自分次第で良くも悪くもなるのです。ならば楽しく、自分らしく、充実した4年間にしたいと思いませんか?自分が成長できる場を見つけ、4年後皆さんが誇りに思えるような、自分らしい大学生活を送ってください。心から応援しています。

国際文化課程卒 中島美穂様

国際文化課程卒
中島 美穂

経済学部

三菱UFJ証券株式会社

5年後、10年後にどのような自分でありたいか、
ぜひ早いうちからそのことを考えて欲しい。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
これから始まる大学生活に様々な期待を抱いていることでしょう。
私が皆さんに伝えたいことは、まず、“今”の生活を楽しんで欲しいということです。自分次第でいかようにもできるところ、それが大学だと思います。どうせなら楽しいものにしたいと思いませんか?
そして、もう一つは、大学生活の何倍もの時を過ごすことになるであろう社会人としての自分を描いて欲しいということです。
私自身は、就職活動をきっかけとして将来の自分というものについて真剣に考えました。具体的には、5年後、10年後にどのような自分でありたいか、どこでどんな人たちと何をしていたいか、といったことがその一つです。しかし、皆さんにはぜひ早いうちからそのことを考えて欲しいと思います。
30歳、40歳の自分はどうありたいですか?それを実現するために、今するべきことは何ですか?
大学を卒業してからの自分の人生は、これからの4年間の中で自分自身で決めなければなりません。大学生活は本当にあっという間です。過ごし方は人それぞれだと思いますが、皆さん一人ひとりにとって充実した日々を送って下さい。その日々の中に将来につながる何かがあるかもしれません。
大学生活、そしてその先には、きっと、私も含めてそれぞれの無限大の人生が広がっているはずです!!

経営・法律課程卒 牛島令子様

経営・法律課程卒
牛島 令子

あいおい損害保険株式会社

何かひとつでも頑張ったと誇れることがあれば大きな強みになる。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。大学は高校までと違い、自由な時間がとても多いです。その時間を勉強に使うも、部活やサークルに使うも、アルバイトに使うも、皆さんの決定次第です。人生で一番自由な4年間が皆さんを待っています。後悔のないように過ごして下さい。
私は部活を頑張りました。スキー部に入り、3年生の時には部長を務めました。ひとつの団体をまとめ上げる部長という仕事は大変なことも多くありました。部員数が多いので、合宿の手配をするのさえ一苦労でした。しかし、やりがいはとてもあり学ぶことも多く、部活を通して人間として大きく成長することができたと思います。良い先輩、後輩、同学年の仲間にも恵まれ、とても有意義な4年間を過ごすことができました。
就職活動をするにあたって、何かひとつでも頑張ったと誇れることがあれば大きな強みになります。なんでも良いです。自分の将来のために、大学生活を有意義なものにするために何か熱中できることを見つけて下さい。ただ、だらだらと過ごす4年間よりも、何かに一生懸命取り組んだ4年間の方が絶対に楽しいです。
そして、面接の時にそのことをしっかりアピールして下さい。本気で取り組んだことならばどんなことでも立派な自己アピールになります。面接中は普段と言葉遣いも違いますし、独特の緊迫した雰囲気があります。最初は緊張の連続でしょう。しかし、それにもいずれ慣れます。自信をもって積極的に就職活動を行ってください。そうすれば、必ず結果は出ます。頑張ってください。皆さんの学生生活が充実し、素晴らしいものとなることを祈っています。

経済システム課程卒 原口拓耶様

経済システム課程卒
原口 拓耶

医学部(大学院生含む)

国立大学法人 佐賀大学医学部附属病院

これからの4年間、もしくは6年間の大学生活の全てが
将来の自分に繋がっている。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今の皆さんの中には、サークル・部活動に入って楽しい大学生活を送りたい、アルバイトもしたい、でも勉強がついていけるか不安など、様々な思いがあることでしょう。大学生になると、確かにこれまでの学生生活と違い、自分の時間というものが増えます。また、最後の学生生活の期間ですので、私は後悔の無いよう、思いっきり充実した大学生活を送りました。臨地実習や勉強はもちろんのこと、部活動、アルバイトも全てに一生懸命に取り組み、その全ては自分の強みとして就職試験の際に履歴書に反映することが出来ました。これからの4年間、もしくは6年間の大学生活の全てが将来の自分に繋がっているということを知っていてほしいと思います。
私が就職先を決めるにあたって重視したことは、教育体制が整っているということでした。看護師は専門職として高い知識と技術を身につけることが要求されますので、看護師になって最初に受ける教育の土台がしっかりとしている病院を選ぶことが重要と考えました。そのためには、病院のパンフレットを読んだり、病院見学会に参加して情報を集めました。また、合同就職説明会などにも足を運び、様々な病院を見てみることも視野を広げるいい機会になりました。私の場合は候補の病院が実習先でもあったため、現場の雰囲気も十分把握した上で最終的に決定することが出来ました。就職してからの自分を想像するためには、実際にその場所に行ってみることが一番いい方法ですので、インターンシップなどを利用してみるのもいいと思います。
皆さんの将来の夢が実現するように応援しています。頑張ってください。

看護学科卒 古賀裕子様

看護学科卒
古賀 裕子

財団法人 西日本産業衛生会

時間の使い方を大切にし将来への目標を持って
積極的に日々行動を起こすことが大切。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
医科学修士の皆さんはそれぞれ経歴や研究分野が異なり修了後の方向性が違ってくるとは思いますが、ここでは私の就職活動での経験をふまえ2年間の過ごし方の提案をさせていただきたいと思います。
修士課程での2年間は、講義、研究、就職活動とすべき内容を考えると思った以上に短い時間です。修士の皆さんは自分の興味ある分野の研究をするために入ってきたのだと思います。研究の方向性が決まり専念したい頃になると、就職活動をしなければならなくなり時間配分が難しくなります。就職活動は将来のビジョンを明確にすることから始まり、自己分析、筆記・面接試験対策など意外と割かなければいけない時間が多いため、やみくもに動いてしまうと、気持ちが焦る上に同時進行している研究や講義など全てが中途半端になってしまったと悩むことになります。そんなことにならないように入学初期に大学院での過ごし方や早目の自己分析、将来の方向性について考えなければなりません。また、就職活動では情報収集を怠らずチャンスを逸しないことが基本だと思います。就職情報誌やインターネットの就活サイトなど情報を頻繁に入手すること、さらに各地で行われる合同企業説明会へ積極的に足を運び、社員の方と直接話すことも良い刺激になると思います。
修士課程での2年間は、時間の使い方を大切にし将来への目標を持って積極的に日々行動を起こすことが大切です。大学院での生活が皆さんにとって有意義なものになることを祈っています。自身の可能性を信じて頑張ってください。

医学系研究科修士課程 松本茜子様

医学系研究科(修士課程)医科学専攻修了
松本茜子

理工学部(大学院生含む)

西日本旅客鉄道株式会社

人との出会いはみなさんの大切な財産になる。
大学生活の中で一生付き合っていくことのできる仲間を見つけてください。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。これから始まる大学生活に胸を膨らませていることと思います。
みなさんは、大学生活にどういう印象を持っていますか?私は、束縛されない自由なものだと思っていました。実際、自由なものでしたが、今まで以上に自分の行動に対する責任が増えました。その責任を伴う行動の中で少しずつ社会人になるための準備をする場でした。大学では講義を受講し、一般教養から専門知識まで学ぶことができます。これまでの学生生活と違い、休みの期間も多くなります。講義や休みの期間を上手く利用し、更なる専門知識を深めることも、様々な資格習得に励むこともできます。友達と遊ぶことも、何もせずに過ごすこともできます。この自由な時間を自分がどれだけ有意義に活用するかで、これからの人生が決まります。
私は、部活動に所属していました。さらに、引退後はサークル活動も行いました。4年生から研究室に配属され、これまでに学んだ知識を糧に研究に取り組みました。私が6年間大学生活を送る上で一番大切にしたのは人間関係でした。みなさんもこれから、先輩、友人、後輩とこれまでよりも幅広い年齢の人と接する機会が多くなります。人との出会いはみなさんの大切な財産になります。ぜひ、大学生活の中で一生付き合っていくことのできる仲間を見つけてください。そして、この経験や人間関係は必ずこの先の就職活動や人生において、とても大切なものになっていくと思います。
ぜひ、精一杯学問に励んだり、様々なことに挑戦したりしながら、これからの大学生活を有意義なものにしていってください。

工学系研究科都市工学専攻 水城 正博様

工学系研究科都市工学専攻修了
水城 正博

株式会社 名村造船所

就職活動はまず、自分と向き合うことから始まる。
妥協せずにしっかり頑張ってください。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今、皆さんはこれから始まる大学生活に多くの夢や希望を抱かれていることと思います。しかし同時に、将来行っていく就職活動に対して不安を抱えている方もいるかと思います。その就職活動について、私が重要に思ったことや感じたことをお話したいと思います。
就職活動はまず、自分と向き合うことから始まります。自分をよく見つめ直し、そこから自分に向いている職業はなにか、何を仕事として生きていくのか、一人の人間として何をしたいのか、ということを具体的に考えていかなければなりません。この自己分析がしっかりできていると、様々な選考過程においても、ぶれることなく自信を持って行動することができるはずです。早い段階から自分としっかり向き合って、自分の軸をつくっておきましょう。
自己分析の次は企業研究です。企業研究は机上で行うことができません。その会社の本当の姿、すなわち仕事内容や社内の雰囲気、仕事のやりがいなどを知るためにはアルバイトやインターンシップに挑戦したり、OB・OG訪問をするのが最も確実な方法だと思います。私も実際に三年生のとき、興味がある会社のインターンシップに参加しました。そこで自分とその会社を照らし合わせることで、自分がその会社に適しているかどうかを考え、吟味してきました。数ある企業の中で自分に合った会社を見つけ出すことはとても困難で手間がかかりますが、妥協せずにしっかり頑張ってください。
最後になりましたが、大学生活がみなさんにとって有意義なものになることを祈っています。努力の積み重ねの先には結果がついてくることを忘れずに頑張ってください。

機械システム工学科卒 佐原 盛司様

機械システム工学科卒
佐原 盛司

農学部

宮島醤油株式会社

興味は原動力になり、経験は力になり、結果は自信になる。

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんは、これからの学生生活に希望と期待にあふれていることでしょう。 大学が今までの学生生活と大きく違うのは、社会人としてどこに身をおくか決定する大きな決断時期だということです。どうぞ様々のことに挑戦し、楽しみ、自己確立してください。自分を作るのは自分です。
私は、大学4年間、部活、サークル、生協スタッフ、農業NPO法人、市民ボランティア団体に所属しました。その活動の中で、発表会司会、事業責任者、大会企画運営などの役割を担いました。また、地元マラソン大会出場、牧場研修、ビジネスプラン作成から発表、全国の友人を訪ねる旅等しました。社会と触れ、多くの出会いがありました。
小さな力が集まって大事業をやり遂げる醍醐味を味わい、商品一つにどれくらいの労力と思いが掛けられているかも体験しました。
興味は原動力になり、経験は力になり、結果は自信になりました。そして確固たる自己形成に結びついたと思います。
私は、食生活を通して人々の健康で活力ある生活に貢献したいと思い、進路を食品会社に決めました。現在の第一次産業は、新興国の台頭、担い手の高齢化、後継者不足等に、新たな対策が急務です。まずは地域に焦点をあて貢献したいと思います。ここに自分ができることを探し求めます。
皆さんも学生生活を、自分を創る過程にして頂きたいと思います。

生命機能科学科卒 今村 翔一様

生命機能科学科卒
今村 翔一

久光製薬株式会社

自分に自信を持って、この会社に入りたいという強い意思をアピールしてください。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
それぞれに期待を膨らませ、理想の大学生活を思い描いていることでしょう。これからは今までとは違った楽しいことがたくさんあります。これからの大学生活4年間、悔いの残らないようたくさん遊んで満喫してほしいと思います。授業はきちんと出て、留年しないように勉強もちゃんとして下さいね。
それでは、就職活動について少しお話したいと思います。就職活動なんてまだ先のことと思っている人も多いと思いますが、あっという間にその時期はやってきます。私は、3年生の冬から就職活動を始めました。エントリーは80社ぐらいして実際に受けた企業は30社ぐらいです。これは、少ない方だと思います。
私は、就職活動をするまで特にやりたいことや行きたい企業がなかったので、就職活動をしながらやりたい仕事を探していました。たくさんの企業セミナーに行き、製薬会社と食品会社に興味を持つようになり、最終的にこの二つに絞って受け始めました。手当たり次第受ける人もいますが、それでは本当に自分が行きたい企業も適当になってしまうし、面接官にもただ面接を受けに来ただけと思われてしまうので、ある程度絞った方がいいと思います。結果、食品会社からも内定を頂いたのですが、医療に携わりたいと思い、久光製薬に行くことを決めました。私からのアドバイスは、とりあえずたくさんの単独企業セミナーに行くことです。合同セミナーより単独セミナーです。また、面接では自分に自信を持って、この会社に入りたいという強い意思をアピールしてください。そして、内定を勝ち取って下さい。頑張ってくださいね。

応用生物化学科卒 小野 遥香様

応用生物化学科卒
小野 遥香

このページのトップへ▲


佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス