• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
OBOGメッセージ

文化教育学部

佐賀県中学校教員

多くの人々との出会いを大切にし、様々な価値観や考え方に触れ、自分自身を高めていってください。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
私は地元である佐賀で教師になることが中学生の頃からの夢でしたので、佐賀大学の文化教育学部に進学しました。大学では体育教育を専門に勉強し、体育の教師になるため、 大学でも部活動に入ろうと思い、中学から続けているバスケットボール部に入部し文武両道に励みました。勉強に部活にバイトにと忙しい毎日ではありましたが、大変充実しており、また多くの先輩方や仲間との出会いもあり、沢山の貴重な経験が今となっては私の財産となっています。また小学校で4週間の、中学校・特別支援学校でそれぞれ2週間の教育実習を終え、実際の教育現場での児童・生徒との関わりの中で、更に教師になりたいという思いが強くなりました。
就職活動では、大学入試とは違って、学力試験に加え、『人間性』が重視されます。その『人間性』を培うためには、やはり4年間の大学生活を有意義に過ごすことができるかだと思います。4年間は本当にあっという間です。これから大学生活をスタートさせる新入生の皆さんは、今しか出来ない経験を沢山したり、いろんな事に挑戦したりして、卒業するときに充実した4年間だったと胸を張って言えるように頑張ってください。そして多くの人々との出会いを大切にし、様々な価値観や考え方に触れ、自分自身を高めていってください。

学校教育課程卒 陣内瞳様

学校教育課程卒
陣内 瞳

福岡国税局

メリハリをつけることが大事。頑張らないといけないときは集中し、遊ぶときは思いっきり遊ぶことも必要。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!最初は大学生活に慣れるのが大変かもしれないですね。今までは、決められたことをこなすだけでしたが、これからは自分の意思で行動しなければなりません。大学に入りたての頃は、私自身、今までとは違い自由な時間がありすぎて驚きました。私は、1・2年のときは今しかできないことをしていたほうがいいと思います。友達づくり、アルバイト、海外経験、旅行、ボランティアなど様々な経験を通して成長し、それらのことは何かしら力になったと思います。
そして就職活動では、私は3年のときに、大学の授業以外にもダブルスクールで公務員の勉強にはげみました。もし、公務員の道を目指すのであるならば、3年のはじめの時期に公務員の道に進むことを視野にいれて動き始めたほうがいいと思います。私はダブルスクールを選びましたが、大学でも講座がひらかれているので心配しないでください。また勉強以外でも、面接で大学時代に頑張ったことなどを聞かれます。その時に、何かしら経験して得たことが役に立ちます。また、大学生活では、メリハリをつけることが大事だと思います。頑張らないといけないときは集中し、遊ぶときは思いっきり遊ぶことも必要です。
最後に、皆さん希望と不安でいっぱいかもしれませんが、気楽に大学生活楽しんでください。自分の夢をみつけ、4年後叶えられるといいですね。

人間環境課程卒 髙岸まり子様

人間環境課程卒
髙岸 まり子

経済学部

九州電力(株)

大学生を楽しみつつ、これだけは頑張った!と誇れるものをぜひ見つけてください。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
みなさんはこれからの4年間をどのように過ごそうと考えていますか?大学生活を終えると、次は社会へ出ていくのだということを意識したことはありますか?
私からのメッセージは「一生懸命頑張って!」です。大学生活では時間を自由に使えます。様々なことを経験できます。講義、ゼミ、サークル、バイト。楽しいことがたくさん待っています。その中で、どれか一つだけでも必死になって取り組んでみてください。その経験はきっと、大学生活を充実させるだけでなく、卒業するときに大切な思い出となるはずです。
また、一生懸命頑張った経験は就職活動にも力を貸してくれると思います。就職活動において、必ず必要となってくるのが「学生時代頑張ったこと」です。企業によって求められる人物像は異なります。しかし、必死になって取組み、経験したこと、学んだこと、その結果自分に起こった変化や影響を、企業はしっかり評価してくださいます。私自身、内定をいただきましたが、その面接はほとんどの時間が学生時代頑張ったことに集中しており、その点を評価してくださったから内定に結びついたのではないかと感じています。
4年間はあっという間に過ぎていきます。楽しいばかりで、ふわふわと過ごしてしまっては勿体無いと思いませんか?大学生を楽しみつつ、これだけは頑張った!と誇れるものをぜひ見つけてください。それはきっとあなたの将来へとつながっていくはずです。応援しています。

経済システム課程卒 井上舞様

経済システム課程卒
井上 舞

新日本有限責任監査法人

①明確な「目標・夢」を持つこと、②人との出会いを大切にすること。この二つを心掛けて欲しい。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。それぞれに期待を膨らませ、理想の大学生活を思い描いていることでしょう。その理想を現実に変えるために、私が大学生活を4年間送って感じたことを皆さんにアドバイスしたいと思います。
皆さんに大学生活を送っていく上で絶対に心掛けて欲しい事が2つあります。それは①明確な「目標・夢」を持つこと、②人との出会いを大切にすること、です。
①については例えば、○○の資格を取る、アルバイトで○○円貯める、など何でも結構です。目標や夢を持ち、向上心の原動力にすることで、自分自身の能力や可能性が広がっていきます。大学入学は皆さんにとって通過点に過ぎませんし、入学という目標を達成したなら、次の目標を立てて直ぐに実行に移すことが重要です。ただ、目標をいきなり立てろと言われても難しいと思います。そのために②が必要になります。
②については私の経験上の話をさせて頂きます。私は大学入学時に税理士を目標としていました。しかし、ゼミの教授に出会ったことがきっかけで公認会計士を目指すことを決意しました。自分が進む方向・分野は出会った人によって大きく変わるのではないでしょうか。だから、いろんな人と出会って、自分自身を発掘してください。これは就職活動において大変重要なポイントになってきます。
自分の目標や夢が明確でない人はとくにいろんな人と出会い、自分が何に興味があるのか、将来どんな仕事をしたいのかを入学した時点から考え始めてください。高校の3年間を早く感じたように、大学の4年間も本当に早いです。皆さん一人一人が卒業するときに「自分自身にとって後悔しない大学生活だった」と胸を張って言えるような大学生活にしてください。皆さん自身の力で明るい未来を築かれることを、心から願っています。

経営・法律課程卒 倉富孔太様

経営・法律課程卒
倉富 孔太

医学部(大学院生も含む)

国立大学法人 新潟大学医歯学総合病院

情報収集を怠らずチャンスを逸しないことが基本。
日々行動を起こすことが大切です。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
医学修士の皆さんは一人一人、バックグランドや研究分野も異なり将来の方向性もそれぞれ違うと思います。修士課程の2年間は講義を受け、研究を行い、さらに就職活動を行うには時間的にゆとりがありません。後になって気が付いたら「全てのことが中途半端になってしまった」ということにならない様に、効率良く就職活動を行うことが大事です。そのためには入学後早期に大学院での過ごし方や卒業後の将来について考えなければなりません。
私は就職活動を始めた頃は、自身の研究で精一杯で、気持ちが焦り悩んだ時期もありました。時間を見つけてはインターネットのホームページや就職情報誌などで、できるだけ多くの情報を得るように心がけました。実際に就職して、会社に入ってみないとわからないこともたくさんありますが、やみくもに動くのではなく、どんな会社かということをしっかり知って就職活動することは会社に入って後悔しないためにも大切なことです。また、就職活動では情報収集を怠らずチャンスを逸しないことが基本だと思います。各地で行われる合同企業説明会へ積極的に足を運び、社員の方と直接話すことも良い刺激になりモチベーションが上がると思います。
修士課程での二年間のビジョンをしっかりと持ち、日々行動を起こすことが大切です。大学院での生活がみなさんにとって有意義なものになることを祈っています。自身の可能性を信じて頑張って下さい。

医学系研究科 神田千尋様

医学系研究科(修士課程)医科学専攻修了
神田 千尋

国家公務員共済組合連合会 浜の町病院看護師

自分の目で見て確かめ、自分の能力を最大限活かしていける環境にあるのかを見極めていくことが大切。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
入学したばかりで就職について考えている人は多くはないと思います。実際私もそうでした。
私が就職活動を始めたのは、4年生の夏からです。いくつかの病院の説明会へ行って話を聞き、その病院の雰囲気を見てきました。就職先を決める上で感じたことは、自分がイメージしていた病院像と実際の病院像は異なるということでした。そのため、自分の目で見て確かめ、この病院で自分の能力を最大限活かしていける環境にあるのかを見極めていくことが大切だと思います。その中で、私が就職先を決めた理由として、卒後の教育体制が整っていること、病院の理念に共感できる部分があったこと、実際に働いている先輩方や友人らの話を聞き、是非この病院で働きたいと思ったことなどが挙げられます。
看護師になるには国家試験に合格しなければなりません。私は国家試験に向けて、学習室で友人と一緒に勉強しました。友人と励まし合い、支え合いながらモチベーションを高め、分からない問題は教え合い、学校に来ることで生活リズムを確立することができました。私にとって友人の存在は、とても大きかったです。
大学の四年間は多くの人たちと出会い、学び、そして吸収していくことのできる時期だと思います。自分の描く未来像に向かって、常に向上心を持ち有意義な大学生活を送ってください。

看護学科卒 横山由希様

看護学科卒
横山 由希

理工学部

トヨタテクニカルディベロップメントコーポレーション

人と人との出会いは一度限りの大切なもの。
その出会いの一つ一つを大切にしてください。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。これから様々な人に出会い、希望に満ちた大学生活が始まると思うとこの一瞬一瞬が楽しくて仕方がないと思います。しかし、大学生活は楽しいことばかりではありません。中学、高校と違い、自分で責任を持って行動していかないといけません。高校までと違い先生が何でも面倒をみてくれることはありません。何事でも高校は「やらされる」といった感じでしたが、大学は「自分でやる」という感じになります。だから「自由」になったと感じますが、時間割や進路、行動など誰も決めてくれることはないのですべて自分で決めなければなりません。就職活動も同じです。自分でどこの会社に行くか決め、行動をして、対策していかなければなりません。それに対して誰もアドバイス等をくれないわけではありません。大学で知り合った友人、バイトやサークルでの先輩、大学の先生方、このように大学生活では様々な人と出会うことができます。人との出会いは一期一会。人と人との出会いは一度限りの大切なものです。その出会いの一つ一つを大切にしてください。
これからの大学生活での4年間目標を持って勉強をし、自ら行動することの重要さ、楽しさを覚えてください。そして多くの人と出会い、他人の考え方に触れて自分を高めてください。その繰り返しが自分をより高めていくことができる近道で、就職活動でのアピールになるのではと思います。
それでは、これからのみなさんの大学生活が充実したもので学生生活の中で最高の4年間になることを祈っています。頑張ってください。

知能情報システム学科卒 武藤 夕貴様

知能情報システム学科卒
武藤 夕貴

三菱重工業(株)

必要なのは行動力です。 納得がいく就職活動ができるよう充実した学生生活を送ってください!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
大変だった受験勉強を経て、花の大学生活が始まることに、皆さん期待でいっぱいだと思います。大学は自分の行動に責任は伴うものの基本「自由」です。自由な時間が取れて、たくさんの経験ができる場です。自分の専門分野のみにとらわれず、視野を広げて、サークルやボランティア活動、アルバイトなどを通して、楽しい学生生活をお過ごしください。その中で、たくさんの人々と出会い、コミュニケーション能力や責任と信頼という社会への適応能力を身につけ、4年間かけて将来の自分の道を探してください。
この先、多くの人が就職活動すると思います。そこで必要なのは行動力です。多くの企業説明会に行き、たくさんの企業の担当者の方々から話を聞いてみてください。ネットでは見ることができなかった情報を知ることができます。また、その方々を通じて企業の色が見えてきます。新しいことにチャレンジしている会社、社員同士が非常にフレンドリーな会社、海外に事業を展開する会社など様々あり、そこで自分のビジョンが変わることもあるかもしれません。その後、集団、個別の面接がありますが、たくさん面接の経験と場数を積むことで、学生時代に経験してきたことを、自信をもってアピールすることができるはずです。なかなかうまくいかない就職活動ですが、自分の人生の約40年を捧げる会社です。
私は、人々の役に立ち、その場所に残るとても大きなものを作りたいと思い、発電所関係の仕事を選びました。皆さんも納得がいく就職活動ができるよう充実した学生生活を送ってください!

電気電子工学科卒 波連雄介様

電気電子工学科卒
波連 雄介

農学部

丸大食品(株)

インパクトのある話をするためには多くのことに挑戦し、そこから得たことが社会人としてどのように活かせるか考えておくことが重要。

就活を振り返ってみると就活中はちゃんと内定がもらえるかどうか毎日不安だったことを思い出す。そんな時に「もっと、あぁしていれば・・・」と思ったことが2つあった。
まず、1つ目は採用試験でほとんどの企業が行う正確適性検査及び能力適性検査であるSPIの勉強である。自分はなかなか勉強というものが苦手で、SPI に関しても、ほとんど勉強せずに就活にのぞんでしまったのだが、やはり、そう甘いものじゃなかった。大昔に勉強したことは大抵忘れていたうえに、スピードと正確さが必要な試験だったため、初めの方はけっこうひどいものだった。就活が進むにつれて、勉強はするようになったし、傾向をつかんだことで、SPIに対し慣れていったものの、やっぱり早いうちからSPI対策の勉強をしてくべきだったと強く思った。
2つ目に思ったことは、大学生活の中でもっと多くの体験をしておけばよかったということである。就活の面接で必ずと言っていいほど聞かれること、それは「大学でどういったことをやってきたか」である。面接でどんなに上手に話せても、話の内容が薄ければインパクトがない。インパクトのある話をするためには多くのことに挑戦し、そこから得たことが社会人として、また会社で働くにあたって、どのように活かせるか考えておくことが重要だと思う。
この2つの他に、自分が受けようと思った会社のことをよく知るということも必要だと思う。その会社で本当に自分がやりたいことができるのか、受けたい会社にはどんな魅力があるのかを再確認することで、面接において伝えたいことがはっきり見えてくると思う。
就活中はきっと誰でも不安になったり焦ったりすると思う。そんな時こそ落ち着いて自分の良いところを発揮していければ、就活もうまくいくと思う。

生物生産学科卒 中川峻輔様

生物生産学科卒
中川 峻輔

味の素(株)

早くから就職活動を始めて、自分の将来についてしっかり考えることは大事なこと。 いろんなセミナーに参加して、多くの会社を見ることは自分のためになる。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
皆さんが必ず経験する、就職活動についてお話したいと思います。
就職活動で大事なことはまず、早く就職活動を始めることです。私は3年生の冬から就職活動を始めましたが、それより前にインターンシップやセミナーに参加し、情報を多く持っている人が多くいて、とても焦ったことを覚えています。早くから就職活動を始めて、自分の将来についてしっかり考えることは大事なことですし、いろんなセミナーに参加して、多くの会社を見ることは自分のためになることです。また、就職活動では情報を得ることが本当に大事です。リクナビなどの就活サイトはもちろん、各企業のホームページを細かくチェックしておかなければ、エントリーすることすらできないということが起こってしまいます。このようなことを避けるためにも、早くから就職活動を始めることをおすすめします。
また、就職活動を行うなかで、自己分析をすることも大事なことだと思います。自己分析とは自分を知るということです。自分が何に興味があるのか、どんな仕事をしたいのかなどを明らかにすることは、職業を選択するときに役立つと思います。このように、自己分析をしっかりして、就職活動を行えば、面接などで「なぜこの会社を選んだのか」「会社に入って何をしたいのか」などを聞かれたときに自信を持って答えることができるはずです。
就職活動は大変なものですが、内定が決まったときには大きな達成感を得ることができます。今から少しでも将来のことを考えて、大学生活を送ると良いと思います。
最後になりましたが、大学生活はあっという間です。しっかり学んで、しっかり遊んで充実した生活を送ってください。

応用生物科学科卒 中園唯様

応用生物科学科卒
中園 唯

このページのトップへ▲


佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス