• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
トップページOB・OGメッセージ2011>経済学部 山中雅行氏
OBOGメッセージ

経済学部

株式会社デサント 山中雅行

自分研究と自己PRはどのようにされましたか?

私は体育会系のサッカー部に所属しており、自分の特徴を見つけ出すことに、さほど困りはしませんでした。しかし、自己PRは自分の長所をしっかりとアピールするところではありますが、その得意分野でより素晴らしい力を持った人もいるということを素直に認めました。その上で大学生活で頑張ったことは何か、自分の役割は何か、どう成長したか、ということをあくまで謙虚に伝えられるように心掛けました。

エントリーシートの書き方、取組みを教えてください。

エントリーシートにおいて自己PR、志望動機はほぼ全ての企業に共通する質問事項でした。その他企業によって色々な質問がありましたが、私が一番困ったのは志望動機でした。大手の企業で給料が良い、そんなことが言える訳もなく様々な企業の志望動機を考えるのは骨の折れる作業でした。そういった意味では、インターンシップに行ったりすることや、色々なバイトをしてみることは、経験と共に志望動機の種となると思いました。

面接試験は、どのような内容でしたか?

面接は企業によって本当に雰囲気が違うものでした。集団面接や個人面接などがありますが、私は集団面接の方が苦手でした。内容はエントリーシートで書いたことを主体に質問されるという形でしたが、集団だと他のライバルたちも隣にいるため、より一層緊張してしまいました。結果、面接は一にも二にも「慣れ」だと感じました。台詞のように淡々と喋るよりも、一つ一つの言葉に強い意志が込められるかが重要だと思います。

内定(内々定)の決まり方、その後の取組みを教えてください。

最終面接の翌日、電話にて内々定のご連絡をいただきました。私が就職を決めた企業では、他の選考を断らせるのではなく、自由に考えさせてもらえました。拘束がなかったぶん進路を熟考でき、心の準備がしっかりできたと思います。内々定をいただいた時期が早かったので、旅行やバイト、部活など多くのことに打ち込むことができ、就活後に充実した大学生活を送ることができました。

就職にのぞむ後輩へメッセージお願いします。

就職活動はこの先の人生の大半を左右するとても大切なことです。しかし、頑張り次第ではどんな職業にも就くことができると思います。そのためには強い意志を持ち、それを行動に移さなければなりません。挫けそうになったり、悩んだりすることも多々あると思いますが、将来自分が働く姿を想像しながら、高いモチベーション持って、就職活動を乗り切っていけるよう頑張ってください。

佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス