• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
トップページOB・OGメッセージ2015>理工学部 西 郁実さん
OBOGメッセージ
理工学部
株式会社富士通九州システムサービス 西 郁実
就職活動の準備はいつ頃からどのような形で始められましたか?

8月に興味のある企業のインターンシップに参加して、参加していた仲間から刺激をもらって就職活動に対して焦りや不安を覚えました。それから佐賀市内にあるハローワーク「ジョブカフェ佐賀」で開催されている就活メイク講座や面接対策のセミナーなどに参加するようになり就職活動に対するイメージをしていきました。SPIなどの筆記試験の対策も8月ごろから始めました。

自己分析と自己PRはどのようにされましたか?

ジョブカフェ佐賀が主催の自己分析の仕方のセミナーがあり、そのセミナーに参加して自己分析の仕方を学びました。大学生活、主に部活動とアルバイトで心がけていたことを中心に自己分析をしていきました。 ph1
説得力がある内容にするため具体的なエピソードを添えるよう努めました。主観的な自己分析だけでなく客観的な自己分析も行うため友達や家族に意見を求めたりすることもありました。 いくら素晴らしい人物でも、各企業によって異なるニーズに合っていなければ意味がないと思います。企業それぞれの求める人物像に沿って自己PRすることが一番効果的だと思います。

エントリーシートを書く際に自分なりに工夫したことを教えてください

読んですぐどんな人物かイメージできるように結論から書くようにしていました。そしてそのあとに理由やエピソードを書いていきました。面接ではエントリーシートに沿って進められることが多く、書いてある内容について細かく聞かれます。詳しく話せないようなことは書かない、そしてこれを書けば相手はこう聞いてくるだろうなと面接も意識しながら構成を考えていきました。
また自分が成し遂げたことを書く場合は成し遂げた結果だけでなく、そこから何を得たのかを書くことを意識しました。

面接試験はどのような対策をしましたか?

集団面接対策は、ジョブカフェ佐賀の対策セミナーに参加しました。
社会人など知らない方も参加するので本番と同じ緊張感が味わえてとても役に立ちました。
個人面接対策は、ジョブカフェ佐賀で週に2度ほど模擬面接をしていただいていました。
自分が受ける会社に合わせて対策して下さるので面接でもしっかり受け答え出来るようになりました。
ジョブカフェ佐賀を利用してみてください!

就職活動で印象深かった出来事を教えてください。

就職活動が解禁された12月まで業種や職種が決まっていないまま就活がスタートしました。最初は何となく金融にしようと考えていたのですが合同会社説明会でたくさんの企業を回ってみて、知らない業種・職種を知り結果そこで出会った会社を選択しました。合同会社説明会でたくさんの企業を回って情報収集することをお勧めします。たとえ決まっていたとしてもそこでの情報収集は決して無駄にはなりません。

最後に、これから就職活動に臨む後輩にアドバイスをお願いします。

就職活動に対して不安はあると思いますが、周りに流されてはいけません。
周囲に意見を求めることは大切ですが、その意見をきいて自分の意思に基づいて行動してくださ ph2
い。今までと時期が異なりさらに不安に感じていると思いますが、その不安な気持ちを前もって準備する力に変えて欲しいと思います。たとえ落ちてしまっても、マイナス思考にならずプラス思考で次の採用に臨んで欲しいです。そのためには前の試験を振り返ることが必要だと思います。自分の意思を持って後悔しない就職活動になることを祈っています。

他の卒業生を見る
bunka01_s bunka02_s keizai01_s keizai02_s rikou01_s
rikou02_s nou01_s nou02_s igaku01_s igaku02_s
2015年卒業生一覧に戻る
佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス