• ホーム
  • 利用案内
  • 在学生の皆様へ
  • 企業の皆様へ
  • 卒業生の皆様へ
  • 就職データ集
トップページOB・OGメッセージ2013>農学研究科 牟田清香氏
OBOGメッセージ
農学部(農学研究科)
株式会社 明治 牟田 清香
就職活動はいつ頃からどのような形で始められましたか?

6月頃から学内で開催されていた就活セミナーに参加し、10月より学生向け就職情報サイトを利用、本格的に動き出したのは12月からでした。30社程web上でエントリーし企業研究を行った後、1,2月に入ってから特に興味があった20社程にエントリーシートや履歴書を送りました。年が明けてから合同説明会や個別の説明会に参加したので、私は友達や周りの情報と比べると遅いスタートでした。

自己分析と自己PRはどのようにされましたか?

まず自分なりに長所や短所を分析し、これは絶対アピールポイントになる!という所を見つけました。 ph1
次に先輩にお勧めされた自己PRの書き方の本と、登録していた就職情報サイトから送られてきた冊子をじっくりと読み自分なりに文字におこしました。
最後に先輩2人と大学のキャリアセンターの先生に添削を何度かお願いし軸となる文章を完成させました。


エントリーシートを書く際に自分なりに工夫したことを教えてください

私が工夫した事は『見やすくきれいな字』で書くことです。
●見やすく→何を言いたいのか簡潔に書きます。今私は一番伝えたかった事を一行目に書きましたが、わかりやすかったでしょうか?だらだらと文章を繋げ最後に意見を持ってくる書き方はNGです。
●きれいな字→字が上手、下手は関係ありません。丁寧に書くことが重要です。締め切り直前に急いで書かないようにしましょう!

面接試験はどのような対策をしましたか?

キャリアセンターの先生と4,5回面接練習をしました。面接そのものに対するアドバイスだけでなく、受験する会社に対して○○について調べておいた方がいいよと言われた事は必ず調べてから面接に臨みました。
また、受験する会社のパンフレット・ホームページは暇さえあれば眺め、企業理念や社長の名前は必ず覚えていきました。しかし、偶然かもしれないのですがそのような事は一回も聞かれませんでした。

就職活動で印象深かった出来事を教えてください。

印象深かった出来事は、アットホームな面接が多かったことです。
上の項目で書いたように初めは、あれもこれも覚えていかなきゃ!と変に気を張っていたのですが、ほとんどの面接で『緊張しないで皆さんのありのままを見せてください』と言われ、内容は雑談のような話が多かったです。面接官の方も受験生の話に対し、へ~そうですか!それは良い経験ですね!などと笑顔で返答されたり、想像と違い驚いた事を覚えています。自然体が一番ということに気付きました。

最後に、これから就職活動に臨む後輩にアドバイスをお願いします。

自分のペースで無理をせず、就職活動を楽しんで下さい!  私は食品業界に絞っていたため、周りの人と比べエントリー自体も多くなく、就活サイトからはエントリーを増やしましょうとメッセージが届 ph2 き度々不安になりました。しかし、企業研究や履歴書を書く時間、学業を考えると無理にエントリーを増やす事はできませんでした。だからこそ選んだ企業とじっくり向き合うことができたと思います。就活は新たな自分探しです。楽しんで行ってみてはいかがでしょうか!

他の卒業生を見る
bunka01_s bunka02_s keizai01_s keizai02_s rikou01_s
rikou02_s nou01_s nou02_s igaku01_s igaku02_s
2013年卒業生一覧に戻る
佐賀大学キャリアセンター
担当部課:学務部就職支援課
Tel:0952-28-8497、Fax:0952-28-8185
〒840-8502 佐賀市本庄町1番地
アドレス